こんにゃくダイエットの効果 > こんにゃくでマイナスカロリー

こんにゃくでマイナスカロリー

こんにゃくという食材は低カロリーの食材であるだけではなくて、体内で脂肪を吸着して体内に吸収させないようにする力があります。
ということはどういうことかというと、実際に摂取したカロリーがこんにゃくの成分に吸収されてしまうために、体に吸収されるカロリーはそれよりも少なくなってしまうということなのです。

これはこんにゃくの主成分であるグルコマンナンという水溶性の食物繊維が原因で、この食物繊維は水に溶けて胃なのかで脂肪の一部分を吸着します。このまま腸のほうへと運び込まれ、外に排出されてしまうということなのです。
ただし安心してほしいのは、吸着される脂肪というのは体に余分な脂肪分だけであるので、健康を害するほど脂肪は取られないということになるわけです。

食事に脂肪が含まれている場合、胃の中で完全に消化されるまで2~6時間ほどかかるために、少ないエネルギー量の食事であっても空腹感を感じることがあまりありません。このシステムを利用しているのか、こんにゃくに含まれている水溶性食物繊維は粘着性が高いために、胃から腸へ移動する時間はかなりかかります。糖質も粘着されながらゆっくりと移動していくために外へ排出される時間が遅くなり、あまり空腹感を感じないということになるために、ダイエットには最も効果的なのではないかと思います。

このように、こんにゃくを使用した料理を摂取するなどしておいしく、簡単にダイエットができるようになればいいと思います。

RSSAtom