こんにゃくダイエットの効果 > こんにゃくダイエットとは

こんにゃくダイエットとは

こんにゃくダイエットというのは、食前の30分ほど前に水をたくさん飲み、食事のときはこんにゃく料理を食べるだけというとても簡単なダイエット方法です。

こんにゃくというのはグルコマンナンという成分が主成分となっていて、このグルコマンナンは水溶性食物繊維ですので水に溶けると膨らむという性質を持っています。この性質を利用してグルコマンナンを胃の中で膨らませて満腹感を得て食事の食べすぎを防止するという方法を取るのです。

また水で膨れ上がったグルコマンナンは腸壁を刺激するために、大腸の動きが活発になります。腸の動きが活発になることによって便秘の解消にも効果があるということになります。ですから便秘気味の人には特にお勧めしたいダイエット方法ということになります。
通常は食事の前に水とこんにゃくを食べてから食事を取るという方法を取るのですが、いちいち食事の度にこういうことをやっていたら面倒ですよね。ですから普段の食事の材料にこんにゃくを代わりに使うということだけでもかなりカロリーが変わってくると思います。

ではどういったものを代わりにすればいいのでしょうか?
例えばラーメン、焼きそばなど麺の代わりにいとこんにゃくを使うようにするとか、ご飯の代わりにしらたきをこまかくしたものを混ぜて食べてみるとか色々方法があると思います。

ここで注意しなければならないのは、こんにゃくには栄養がほとんどありませんので単品ダイエットをしないようにしましょう。

RSSAtom